ゆめの町はてなランド

よーし、パパ頑張っちゃうぞーの心意気でやっております。

瞑想を使ったアイディア発想法 (雑念ブレスト)

  運動,瞑想,野菜350g,はてなブロガーの三種の神器! xevra様バンザーイ

さてさて、そんな瞑想ですが、確かに続けるとなんだかリフレッシュする。
 最初は胡散臭いと思いながら、マインドフルネスの本を読み漁って案の定サッパリだった(ただ、瞑想を理解してから読み直すとなるほどなと思うことしきり)
 今度は瞑想法の本でわりと評判の良かった宝彩有菜さんの書籍を読んでみるとなんとなく瞑想の意図を理解できた。

 

リラックス系プチ瞑想術

リラックス系プチ瞑想術

 

 

要は、思考しない時間を作ることに意味があるようだ。現代人は兎角刺激にさらされ思考し続けている。そんななかで、思考しない時間が作ることで体や脳が深い休息を得るのだそうな。

 

そんな瞑想を行っている時に思いついた(瞑想では思いついてしまったが正しいでしょうか)アイディア発想法(雑念ブレスト)をちょっと紹介。

 

その名も!雑念ブレスト!!!

方法

まずは瞑想をしてほしい。瞑想のやり方が分からない。やったこと無いならまずはGoogleで「未亡人 瞑想 やり方 -未亡人」で検索してみよう(©伊集院光さん)

あとは宝彩有菜さんの本で覚えよう。見た限りではこの本が一番簡単でかつ激安。他の本はここで書かれていることにいらぬバックグラウンドを載せて膨らませてるのに過ぎないとさえ思います。

ラクラク瞑想で、心をスッキリ (マガジンハウスムック)

ラクラク瞑想で、心をスッキリ (マガジンハウスムック)

 

 

瞑想をやったことがある方なら分かるだろうが瞑想の最中は本当に際限なく雑念が浮かんでくる。(...あれやったっけ?....あれこうすればよかったのかな....などなど)この雑念を「追いかけない」「棚上げする」のが瞑想なのだがこれを一回一回「棚卸し」するのだ

ブレストが如く吐き出す吐き出したらすぐに瞑想に戻る。メモをとる方法としてはスマホの録音アプリを使い、思いついた瞬間にボソッとつぶやきすぐに瞑想に意識を向ける。これを一回の瞑想の時間15分程度続けるとあら不思議。面白いほどアイディアが出てくる。瞑想の雑念の数たるや恐ろしいですからね。これがアイディア出しに結びつくんだから素晴らしいでしょう。

 

留意点

この超超素晴らしい雑念発想法ですが、巨大な弱点が一つ。それは、1つのテーマに絞っては出来ないこと。つまり、「新しい広告コピーを考えよう」と思った時点で瞑想の雑念として追いかけてくる。これでは本末転倒、瞑想も発想も中途半端で時間の無駄だ。あくまで浮かび上がってきたことを流す。それを捉えているに過ぎない。気付かないタスク、アイディアを浮かび上がらせることには非常に有効。是非一度チャレンジしていただきたい。私は、今から寝ながらセロリを300gを食べます。

 

 

 

 

 

 

Audibleをパソコンで使用する方法 (条件ありだけど)

 

 Amazonの定額制オーディオブックサービス「Audible」、英語学習とビジネス書の概略の把握、落語をを中心にサービスイン直後から、かなり重宝しておりました。

 

Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonの新サービス

Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonの新サービス

 

 

 ただ、Audibleはスマホのアプリでしか使えず、パソコンで使用できないというのが唯一にして最大の欠点がありました。これが「Win10」ならAudibleをパソコンで使用できるようになったとのこと!
Audibleをパソコンで使用する方法は超簡単!Windowsアプリをダウンロードするだけ(笑)
 

Audible オーディオブック – Microsoft ストアの Windows アプリ

 

 Audibleの利点はなんといっても倍速で聞けること。0.5倍〜3.0倍まで、これが実に効率的。必要だから読んどかなきゃな〜程度のビジネス書ならスキマ時間に2.5倍速で2回聞けば一回の読書よりも効率的かつ素早く内容を吸収することが可能。かつ、flierの書籍要約版を聴けばものの3〜4分で要旨をつかめる。時間に追われる現代人の皆さんに是非。

 

Audible内で個人的にお薦めのオーディオブック

 

[オーディオブックCD] スティーブ・ジョブズのプレゼン技術を学ぶ本 (<CD>) (<CD>)

[オーディオブックCD] スティーブ・ジョブズのプレゼン技術を学ぶ本 () ()

 

 

 普通にCDで買ってたけど改めて良かった。倍速で聞けるのでさらに良い。スティーブ・ジョブズの〜が玉石混淆過ぎるため、どうにもなーと思ってましたがこれについてはプレゼンにおける技術をスティーブ・ジョブズを基に再構築しているような形なのでスティーブ・ジョブズなどとは別口で良い内容

 

 はあちゅうさん。正直どんな人なのかもあまり知らず、ブログ版HIKAKIN?ぐらいの感じだと思ってましたが、いやはや聞いてビックリ、並の自己啓発書なんかが裸足で逃げ出すようなパトス溢れる内容。 この中のある1フレーズに完全にやられました。それがどこかは是非聞いてみて探してもらえたらと。

 

 Audibleは1ヶ月無料体験が出来るので聞きたいやつだけ聞いてしまうのもアリでしょう。「7つの習慣」のオリジナルコンテンツは必聴。

 

 

願わくはMac版が早く出て欲しいところ。お願いしますAmazon様〜

ドナルド・トランプ大統領就任で下がった日本株 ワースト40

 さてさて、「日経500種採用銘柄の内、ドナルド・トランプ氏大統領就任の前後(11月4日〜11月18日)で騰落した日本株の騰落率ベスト・ワースト40銘柄」今回の記事では下がった方ワースト40をまとめよう。

 

ちなみにベスト40 はこちらから

soft.hatenablog.jp

 

 ______________________________________________________________________________

 

f:id:coinman:20161120133112j:plain

出典:こちカブ~こちらkabu.com投資情報室 | ラジオNIKKEI

______________________________________________________________________________

暴落率ワースト3は以下の通り

1位:コロプラ(証券コード8306) -30.1%

2位:(株)スクウェア・エニックス・ホールディングス(証券コード9684) -12.8%

3位:明治ホールディングス(株)(証券コード2269) -12.5%

 下がった株としては主にIT株。同様に米国ではApple、Alphabet(google)、FacebookなどのIT株が軒並み値を下げていますね。

 ただ、留意したいのは中間決算発表を挟んでいるため、業績定価から売られた銘柄もあるということ。コロプラは2017年9月期の予想が、売上高、営業利益ともに大幅な減収減益を見込んでいることで急落しています。

 コロプラとしては白猫の手も借りたいなんて状況でしょう。ゲーム事業以外にも手を出していかないとジリ貧ではないのかなと思うばかり。

 そうかと思えば、Klabはジミーペイジが演奏しないという、ブルーザー・ブロディだったら会場ぶっ壊しかねないような騒動で炎上していたのが記憶に新しい。

 

kabumatome.doorblog.jp

 

 スマホゲーといえば。我らの任天堂スーパーマリオランで盛り上がっておりますが果たしてどうなるのか、個人的にはどうぶつの森ファイヤーエムブレムスマホゲーになることのほうが日本市場においては好材料ではないかなと。はてな村の住人として、どうぶつの森、期待しております。

任天堂バンザーーーイ!!!!!(なんという終わらせ方だ)

ドナルド・トランプ大統領就任で騰がった日本株 ベスト40

 Podcastでこちカブ(こちらkabu.com投資情報室)を聴いていたら、非常に面白い資料が紹介されていた。

「日経500種採用銘柄の内、ドナルド・トランプ氏大統領就任の前後で騰落した日本株の騰落率ベスト40」である。

 この資料から、まだ落ち着いてはいないトランプノミクス(言い方としてはトランプバブルのほうが言い得ている気がするが)を俯瞰することや、今後の戦略を考えるヒントがみつけられるのではないだろうか。
今回の記事では暴騰したベスト40に焦点を当ててみたいと思う。

 

f:id:coinman:20161120133112j:plain

出典:こちカブ~こちらkabu.com投資情報室 | ラジオNIKKEI

暴騰率ベスト3は以下の通り

1位:三菱UFJフィナンシャル・グループ(証券コード8306) +26.3%

2位:日本ケミコン(証券コード8306) +25.1%

3位:第一生命ホールディングス(株)(証券コード8306) +22.6%

 騰がった株は主に銀行株、素材関連等、この辺りはトランプ氏のインフラ投資への期待が騰がった要因だそうな。また、米国ではヘルス関連の株も騰がったようだが、日本はそこまででもない様子。

 2位の日本ケミコンは隠れた優良企業といえばで名前が上がる程度の認識だったが、調べるとコンデンサ界隈では間違い無しの企業だそうな。少し心に留めておこう。

 個人的に気になったのは39位のシチズン(証券コード7762)
インバウンドの需要減、スマートウォッチの技術革新など色々な上げ下げ要因があるため株価はどのように推移していくのか今後も注目。

あと、話が飛んで申し訳ないが、シチズンのこれめっちゃ良いな。 

www.itmedia.co.jp

 

 何はともあれ、私のような、雰囲気で株をやっている人間にも、上記の銘柄は非常に影響がある。トランプ氏の今後の動向如何で大幅な値上がり、値下がりが起きることは間違いない。今後も注視が必要であろう。

二匹目のドジョウ

やっとこさ、ブログの見た目がそれらしくなってきました。
はてブの解説書を一読してポチポチ、やってみると案外すらすら出来ちゃうのね。
この調子で、はてなランドを勃興させよう。

 

はてなブログ Perfect GuideBook

はてなブログ Perfect GuideBook

 

 

ゆめの町はてなランド


はてなランドにやってきた。住み心地はいかがなものか?

無事怪我なく参りたいね。よろしく哀愁