読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆめの町はてなランド

よーし、パパ頑張っちゃうぞーの心意気でやっております。

ゴールドマン・サックスの2017年推奨トレード これを見ないと損するかもしれない理由

 我ながら煽ったタイトルですね。ただ、損するというのはあながち間違いないと思うので強気にGO

 

ゴールドマンサックスによる2017年推奨トレード

2017年の推奨トレードをゴールドマンサックスが発表したようです。内容については大変分かりやすくまとめてらっしゃる方がいますのでその方の記事をご参照頂ければ

www.financialpointer.com

 

お読みいただけましたか?読んでおわかりの通り,ずばり一言で言えば

 

ドル買いだ〜」(© X JAPAN)

 

だそうです。

 

推奨トレードはドル買い。じゃあドル買おうはちょっと待て!

「なるほど。じゃあ今日から全財産はたいてドル買いだ!」とマジックテープの財布を開くのはお待ち下さい。この発表本当に当たるのかというと実に怪しい。それは過去の実績の悪さが理由です。

 

zuuonline.com

 これは去年(2015年発表)の2016年取引推奨レポート。「ドル強し」、と書いているがこれが当たっていると言えるのだろうか?確かにトランプノミクスで現在はドルが超強いが、それまでは声高に強いといえるような結果ではなかっただろう。

 かつ、利上げについても、そもそも見送り、見送りとしてここまで来てしまった。「年内利上げを強く示唆」はしたもののついにやるのかというところまで利上げしてこなかったのが現状だ。これは予想が当たっているとは言えないだろう。

 つまり、ゴールドマン・サックスを100%信用してしまうと損するかもしれないのだ

 

今回の記事タイトルはミスリードを誘ったタイトルである。読者諸兄は、「ゴールドマン・サックスの2017年推奨トレードを知らないなんて損だ」というのをこの記事の主題と捉えたかもしれないが、本筋は「ゴールドマン・サックスの推奨トレードを過信すると損しちゃうかもよ」ということであった。確かに損するかもということである。「痛い、サックスで俺を殴らないで」ということでしたドッカーン。

 

本年のトレードを思い起こしつつ

 この記事を書きながら、もうすぐ2017年か、と年末感が押し寄せてきた。「申年騒ぐ」という通りの相場だったが、皆様はいかがだっただろうか?今年も来年も幸多からんことを願いつつ2016年を踏みしめていこう。