ゆめの町はてなランド

よーし、パパ頑張っちゃうぞーの心意気でやっております。

フィリップスの睡眠補助装置 SmartSleepを使ってみて良い点、悪い点、使用感をまとめる

春眠暁を覚えずというならば年がら年中春でお馴染みのイエロートマトです。

いやー毎日毎日眠いですね。仕事中もうつらうつらしてしまいます。私に限らず、睡眠不足は日本の国民病などと言われ、睡眠負債などの単語も一般的に周知されるようになりました。それほどに睡眠の重要性については至る所で述べられるようになりました。私も毎日7時間以上は寝るように意識しています。また、パワーナップ(短時間の昼寝)も実践しているのですがそれでも日中はどうしても眠くて睡眠不足を感じて仕方ありません。

(ちなみに私のパワーナップ事情については下記の過去記事で詳しく書いております)

soft.hatenablog.jp

soft.hatenablog.jp

 

上記の記事で挙げている参考文献にもありますが、睡眠不足を解消するには睡眠の質と量を上げることが何より重要になるとされています。しかし、量については24時間辺りに割ける睡眠時間というものはある程度制約があるため容易に増やすことは出来ません。となると行うべきは時間当たりの睡眠の質を上げることになります。ここで睡眠導入剤など色々と方法考え得るなかで、今回、とあるガジェットを取り上げたいと思います。それは2019年の11月頃に販売開始された、フィリップス社製の睡眠補助装置、『スマートスリープ SmartSleep ディープスリープヘッドバンド HH1610/02』です。

ちなみにこの商品はブログ記載時点でAmazonでは42,373円です。なかなかの価格だと思います。そしてAmazonでも評価が星5と1で賛否ばらけている中、お試しキャンペーンにて購入し約2週間本製品を利用しました。その中で分かった良い点、悪い点、個人的な使用感を以下にまとめたいと思います。

商品の概要

最初に、この睡眠補助装置(以下、SmartSleep)についての概要を共有しておきましょう。まずは、商品紹介より少し引用します。

ライフスタイルが原因で睡眠時間が十分に取れない方向け。日中の眠気を軽減することを目的としたヘッドバンド型の睡眠補助装置。
Deep Sleep Headbandに取り付けられたセンサで睡眠の状態を測定。深い睡眠に入るとアルゴリズムにより耳元に柔らかいオーディオトーンを流します。
オーディオトーンのタイミングや音量は睡眠の状態に合わせて自動で調整されるので、使用中に音に気が付くことはありません。
翌朝、専用のアプリに同期すると、睡眠グラフと睡眠スコアが確認でき、オーディオトーンの発生した回数と、オーディオトーンにより深い睡眠が持続した時間が、アプリにより可視化できます。

以上引用。

ここで本商品の概要を集約すると

  • SmartSleepは睡眠を補助、計測するヘッドバンド
  • 音により深い睡眠の持続時間を持続させる
  • 睡眠を計測し、専用のアプリに計測したデータを表示

以上のようになります。なるほど、睡眠の補助と計測により質の向上を目指すガジェットというものですね。しかし、なんだか怪しい紹介文章だと思いませんか笑
音で深い睡眠を伸ばすってどういう仕組みなんだよとか、寝るとき絶対邪魔だろとか色々購入前に躊躇させる部分があります。これらの疑問点に回答するような形+使用して感じた良し悪し部分を書いていきます。

SmartSleepの良い点

良い点を二点挙げます。
一点目は導入のしやすさです。この類の睡眠計測の製品を試したのは初めてですが、商品のセットアップ方法を一通りながめて、製品のセットアップを開始。スマホとのペアリング、SmartSleep用の睡眠分析アプリ、SleepMaperとの連携、実際に装着して使用するまで、ものの10〜15分ですべて完了しました。これで本当に計測出来るのかと半信半疑ながらも就寝、翌日アプリを見た際に、総合睡眠スコアを100点満点で評価しそこから、レム睡眠、深い睡眠の時間ごとの分布、製品を使用したことによる深い睡眠時間のブースト量などを実に分かりやすく表示していて驚きました。アプリのUIも非常に良く出来ており、操作に戸惑う部分は特にありませんでした。

f:id:coinman:20200211183507j:plain

実際のアプリの計測結果

この内容を日単位、週、月単位での分析など深く分析するというのですから、それなりの値段分の情報量はあるなと感心しました。

二点目は、製品を付けていて睡眠時にストレスに感じるところがないことです。この手の製品では良くあるような付けているせいで眠りにくいといったことは私が使用している限りではありませんでした。そして気になっていたオーディオトーンも全く睡眠に悪影響を与えません。正直、鳴っていることにすら気づきません笑。しかし、これにより深い睡眠にブーストが掛かっているのだとすると、利用していてどのような仕組みでそれを達成しているのか分からないです。だからこそ、すごいなとも感じます。

SmartSleepの悪い点

悪い点も大きく二点、
一点目は計測のためのセンサーが消耗品であること、そして消耗品の消耗がメーカー側の想定以上に激しいということです。
この手の毎日使用することが前提となる製品でセンサーがまさかの消耗品というのは非常に厳しいです。もちろんセンサー単体で購入することはできますが30個で3000円。メーカー側の記載では3日毎にセンサーを変えて使用してくださいと記載がありますが、3日も続けて使うのは不可能です。1度付けるだけでセンサーを皮膚に付着させる部分が激しく劣化し、1日どころか一度付け直すだけでも使用に難があるばあいがあります。そう考えると1日1個センサーを消耗するとして、1日あたり100円というのはなんともやっかいな維持コストです。

二点目は髪の毛を押さえこんでしまうため確実に髪の毛に寝グセがついてしまうことです。睡眠時にストレスはありませんが、この点において、起床時のストレスはかなりあります。元々髪の量が多いため寝グセがつきやすく、髪を乾かす際など気をつけているのですが、SmartSleepを利用してから寝グセは100%付いてしまいます。しかも通常の睡眠時の寝グセよりも髪の圧迫が強く、直すのも通常以上に大変です。なんならこの寝グセを直すために少し早めに起きる必要がある場合もあり、なんだか本末転倒です。

SmartSleepを使用して睡眠の質は上がったと実感するか

正直なところ、睡眠の質が上がったという実感はあまりありません。これを試してからも日中の眠気との戦いは未だに続いております。
ただし、計測できないものは改善できないという視点から考えると睡眠の指標を得ることが出来るという意味では十二分に実感があります。質の良し悪しを把握し改善に向かって調整しようとすることで、結果的に睡眠の質ないし量が上がるならば、本製品の本願はかなっているかなと思います。特に睡眠時間を7時間は取っていると思っている自分が実質7時間も眠れていないことを気づけたことは大きく意味があると思います。

ずばりSmartSleepを買う価値はあるか

ここまで述べてきましたが、ズバリ断言します。買う価値はないです(えぇー!!)
いや、ここまで良し悪し含めつつ、語ってきましたが、それらを踏まえて42,373円は正直厳しいです。同じ計測であれば、Apple Watchやなどのスマートウォッチで充分に計測できます。特に後者はかなり精密で、SmartSleepを使わなくとも計測だけならこちらの方が何倍も簡単にかつ維持費もかからずに行えます。 

 
後は睡眠ブーストによる睡眠の質向上が個人差のあるものであると仮定すると、それで効果てきめんに睡眠の質が向上するならばまあ購入する価値はあるかなとも思いますがそれを試すためのキャンペーンも終了してしまいましたのでなんとも。合わないからと言っておいそれと納得できる価格ではありません。その点からも「買う価値」という意味でないと言わざるおえません。

なんとも悲しい結論ですがこれが正直なところです。もし購入を検討されているかたがおりましたら、今一度、この記事の内容を踏まえつつ購入を考えていただければと思います。